絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 ~刃圏~



“刃圏”というものがある。

刃(やいば)が相手もしくは自分に届く範囲のこと
である。もちろん武器が刀であったり六尺棒であ
ったり、鎖鎌であったり、相手の体格・リーチ・身
体能力・経験によって同じ武器でもその“刃圏”
は変わってくる。わんこも同じ。

優れた剣豪同士は相手の“刃圏”が手に取るよ
うにわかったという。


その刃圏がわかるからこそ迂闊には動くことが
できず、睨み合いが1時間にもおよぶこともあっ
たと記された文献もある。お互いに喉は干上が
り、ただ立って刀を構えているだけなのに恐ろし
く体力・気力を消耗したと言われる。 それを制
した者が勝者となったようである。


なぜこの話をしたかというと12月にきたわんこが一番最初に見てもらったトレーナーがわんこの“刃圏”に無造作に入り込んでガッツリ咬まれているからである。


「どんな子でも名前を呼んでおやつをあげれば咬まなくなる」が信念のようで、おやつを持った手を近づけた瞬間・・・・「きゃーーーっ!ブシュー!」となった。


どんだけ犬を舐めているのだろう。飼い主が“咬む”と忠告しているにもかかわらず咬まれたのでは話にならない。


相手の“刃圏”に入る時はかならずすべてをかわす、もしくは防ぐことを前提で入らなくてはならない。咬む犬に咬ませる経験を1回でも積ませるとまた一つ咬むことによるメリットを学習させてしまい、どんどん手がつけれられなくなる。たった一度の経験で揺るぎない自信を持つわんこだっている。

50回咬んで自信を持つ犬、体格や筋力がつくまで一旦潜伏する犬、確固たる自信を持つ瞬間はまちまち・・・・。咬むことによる利益を学習したわんこを舐めたらあかん・・・。


「できないなら余計なことはしないでくれ・・」というのが正直な気持ち。


そこが“咬む犬を見る目”があるかないかの差である。これは別に武術の経験者ではなくても誰でも意識すればできること。

犬を見ればわかることであり、その情報を分析し最も適した方法で取り扱うことがわんこに「この人ただ者ではない!」と思わせる一つの方法である。これは“咬むわんこ”に限ったことではない。

毅然とした態度しかり、反抗的な態度をとった時の対処しかり、恐怖心を抱いている時の対処、興奮している時の対処・・・対処法を知ることが犬をしつけをするうえで最も重要なことの一つである。愛情はあって当たり前・・・。


「どんな子でも名前を呼んでおやつをあげれば咬まなくなる」=「金さえ見せればどんな人間でも従う」


はて?そう聞こえるのはミーだけだろうか?犬を舐めすぎてはいないだろうか?


絶滅危惧種:中村信哉はわんこを舐めることなく今日も本気咬みのわんこたちを見守る



~慟哭~ ~激怒~ ~動物行動学~ ~中庸~ ~お試しかっ?~ ~誰のための訓練?~ 

~固定概念~ ~凶暴性~ ~社会化その1~ ~訓練は一つ~ ~戦う訓練士~ 

~大衆迎合~
 ~無題~ ~無力~ ~手前味噌~ ~願望~ ~覇気~ ~千歳川~

~絶対量~ ~告発~ ~お便り~ ~防災訓練~ ~ああ小力~ ~ガンチ登場~ 

~木偶人形~ ~苦しみの果てに~ ~北の国から~ ~至福のひととき~ ~アンビリーバボー~

~プロフェッショナル~ ~ユーモア~ ~ファイト!~ ~原点回帰~ 

~愛犬救命訓練士誕生~
 ~6オピニオン~ ~11オピニオン~ ~刃圏~ ~無駄な10ヶ月~

~今と変わらず~ ~愛のムチ~ ~知っているだけで~  ~そこまで言う?~ ~ちょいテク~

~いいのかそれで日本人~ ~選ばれなかった犬たち~ ~神出鬼没~ ~それぞれの思い~ 

~ワラにもすがる思い~ ~タブー~ ~急がば回れ~ ~我らの存在意義~ ~飼育放棄~ 

~ゆとり教育~ ~なんでそーなるの?~ ~危機管理~ ~危機管理2~ 

~三つ子の魂百まで~ ~思い出す言葉~ ~ご注意ください~ ~大阪冬の陣~ 

~ご注意ください その2~ ~咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

~10年経っても戻らない本物の訓練がここにある~ 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153-7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.j