絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜プロフェッショナル〜



--------------------------------------------空手は心身を鍛え、精神の崩壊を防ぐ

@ 仕事に人生をかける人
A 不可能を可能にするために限りなき努力をする人
×B 自分の仕事に誇りを持つと同時に謙虚な人
×C 先や時代を読んで仕事をする人
D 時間より目標を達成するために仕事をする人
E 高い志・理念・目標に向かって邁進する人
F 結果にすべての責任を持つ人
G 成果によって報酬を得る人
H 仕事において甘えのない人
I 能力向上のために常に学び、努力し続ける人
J 仕事を通して人間性・能力を高めていける人
×K 謙虚かつ貪欲に誰からでも学ぼうとする人
×L 仕事を通して周りの人に夢と感動を与える人
M 仕事のために自己管理が徹底できる人
N 尊敬できる人(メンター・師匠)を持ち、その人に徹底
     的について学んでいる人
O 真剣に人材(後輩)育成している、または将来する
     決意のある人
 
 
あなた方がなろうとしているのはプロフェッショナルです。
  常にそれを意識して見習い期間を過ごしてください。

--------------------------------------------------

当訓練所の教本 

〜プロフェッショナルの定義〜についての全文である。


自己分析の結果4つも
×があった。

B“誇り”は持っているが“謙虚“じゃないので・・・・
×
C時代に逆らうのが好きなので・・・・×
K“貪欲”だが“謙虚”じゃないので・・・×
L“感動”は与えてるほうだが現実を直視させることが多いので・・・×

資格を持っているからプロなのではない。賞をたくさんとっているからプロなのではない。テレビに出ているから、新聞に出ているから、本を出しているからプロなのではない。

プロフェッショナルとは”結果に全ての責任を持つ人”である。上手く行った時は誰でも“ドヤ顔”になる。しかし上手く行かなかった時に結果を甘んじて受け入れ、自分の未熟さを深く反省し次に繋げるのが“プロフェッショナル”である。

ついつい責任転嫁をしたくなる時もある。いいわけもしたくなる。しかし結果のすべてが関わった訓練士の責任なのである。

とりわけ本気咬みの咬癖犬に関してはプロフェッショナルの不在が大問題である・・・と憂えているのは私だけ?

巷にあふれる訓練士にまつわるエトセトラ


「訓練士のいうことはきいても飼い主のいうことはきかない」とダメ出しされる → 技術力の低下
「咬む犬は家に帰ったら元に戻る」と訓練士自身が平気で言う → 不可能を可能にする努力をしていない
「飼い主が甘いから咬まれるんだ」と逃げる → 責任転嫁
「咬む犬も訓練すれば直るという訓練士は嘘つきだ」と自分の存在価値を否定する → 暴言
「咬む犬は取り扱っていません」と遠回しに処分しろと言う → 職務放棄
「咬む犬なんか処分して新しい犬を飼った方が良い」とはっきり言う → 言語道断
「飼い主が自分で訓練しなきゃ意味がない」と逃げる → 職務怠慢
「まるっきり成果が出ていないのに報酬を得る」 → 詐欺?



△★□◎▼×!卍#$%&*?」(ガンチ)

どんだけ怒ってるんだガンチ・・・言葉になってないぞ。


人それぞれとは言うけれどプロフェッショナルを口にする以上、飼い主がノイローゼになるくらい困っていることには向き合っていきたい。それが私のポリシーである。


絶滅危惧種:中村信哉はプロフェッショナルの不在を憂い、わんこの行く末に心を痛める。



ガンチ:このコーナーに出てくるフィクション犬であり私の心の叫びとリンクしている。ちょっとガラが悪いが気
      にしなくていい。ガンチの行動は過去に出会った半端じゃない犬たちをモデルにしています。これから
      時々登場しますのでどうぞよろしく!

コマンダーさん:元グリーンベレーの隠居のおじいさんでガンチの飼い主
ゴードンさん:コマンダー家の隣に住むフリーライター 
サリー:ゴードンさんの愛犬


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

本気咬みの咬癖犬の訓練は尋常ではない
心身の錬磨が精神の崩壊を防ぐ


預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp