預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp  
絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜木偶人形〜


やらん!
いろいろなサイトを見ていておもしろい映像
や発言を目にする。熱心にストレス完全排
除を掲げる人もいるものだと驚いた。

「まず犬がやりたいことをさせろ」と言う割に
「あれもストレス、これもストレス、それもスト
レスだからやめろ」 と言う。

「どっちなんだよ・・・・。」(ガンチつぶやく)
おおガンチ!!

走るのもダメ、早足もダメ、ボール投げもダ
メ、アジリ ティーもダメ、フリスビーもダメ、服
従訓練もダメ、ドッ グダンスもダメ、叱るのも
ダメ、追いかけっこもダメ、 呼ぶのもダメ、マ
テもダメ、オスワリもダメ、犬を使役 に使うな
んてもってのほか・・・・・全部ストレスがかか
るからやめろ。


ストレスをなくせばおとなしい犬になるから命令もしつけも訓練もいらないと言う。


「生きてて楽しいのか?そんな生活・・・・。オレだったら出てくよ・・・。」(ガンチ絶望)


疲れたっていい、サッカーがしたい。転んだっていい、追いかけっこがしたい
勉強大嫌いだけど、いい点取ると気分がいいから頑張る
練習辛いけど試合に勝ちたいから頑張る

人間だって仕事や趣味のスポーツをする時に何らかのストレスがかかることがある。だがそれを“凌駕する楽しみ”がある。 犬だって走りたい時もあるだろうし、何かを追っかけたい時があるはずである。はじけたい時だってあるし、無性に吠えたい時だってあるだろう・・・。全部を認めるわけにはいかないがケジメをつけて、接すればいいだけのこと・・。

「ストレスをなくせばおとなしくなる!」

それはそうだろう。 興奮をさせないようにしているのに勝手に興奮していたらそれもおかしい・・・。
喜ぶようなことをひとつもしていないのに勝手に喜んでいたらそれも変だ・・・。

私たちは犬の持っている豊かな表現力やダイナミックな躍動美、おちゃめな仕草やツッコミを入れたくなるようないたずら、時にはお互いの鼓動をぶつけ合ったり、無視をしたり、犬と喜怒哀楽のキャッチボールをしたくて飼ったのではなかろうか?

おとなしければいい・・・・。問題を起こさなければそれが良い犬・・・。本当にそうなのだろうか?

私はボール投げをする時のデニスの目のかがやきが大好きだ。もうそれで頭がいっぱいになっている顔がかわいい。思わず吹き出しそうになる。

「ストレスがかかる!!」

それがどうした。デニスはボールが大好きなんだ。

時たまキャッチに失敗して鼻をこすることもあるがそんなの屁でもなさそう。嬉しそうにボールをガジガジしてる。2個あげると一個ずつ持っていき2個大事そうに両前足で押さえる。(写真)

ポケットに手を入れると「もう一個くれんの?」とあげたボールをはなしてすっ飛んでくる。

「だからストレスがかかるんだってば!!!」

だから何だ。デニスは嬉しいのである。ボールをもらって嬉しいのに何でストレスがかかるんだ。仮に動作によってストレスがかかっても“嬉しい”からプラマイゼロだ。

シェパードにはシェパードの魅力がある。想像してみていただきたい。

地面の匂いを嗅いであっちへフラフラこっちへフラフラ、もそもそゆったり歩くシェパードと意気揚々と足取り軽く、時には跳びはね、時にはダイナミックに走り、ビタッと止まったら岩のように動かない、“静と動”を身に纏ったシェパードのどっちがかっこいい・・・。犬が映えるのは“静と動”を身に纏った時である。それは何もシェパードに限ったことではない。

もちろんボーダーラインを超えるような喜怒哀楽はNGであることは言うまでもない。だからボーダーラインを超えないようにトレーニングするのである。もちろんケジメがつくようになるまでは多少のストレスはかかる。

「これはストレスがかかるからやめたほうがいい!」という事のほとんどが犬の喜怒哀楽を封じており、“犬らしさ”を奪っていく気がしてならない。

かけたストレスは抜けばよい・・・。疲れた体は癒せばいいじゃないか・・・。それじゃダメなのか? かけっぱなしだからおかしくなるんだろ・・・・。

“犬らしさ”を奪う教育方法が正しいのか?

本当に犬の立場に立っているのか?

それこそ人間に都合のよい人形を作ろうとしているのではないか?

さあデニス、ストレス撤廃論者は放っておいてボール遊びをしよう。


ガンチ:このコーナーに出てくるフィクション犬であり私の心の叫びとリンクしている。ちょっとガラが悪いが
       気にしなくていい。ガンチの行動は過去に出会った半端じゃない犬たちをモデルにしています。
       これから時々登場しますのでどうぞよろしく!

他の登場人物   
 
 コマンダーさん:元グリーンベレーの隠居のおじいさんでガンチの飼い主
 ゴードンさん:コマンダー家の隣に住むフリーライター   
 サリー:ゴードンさんの愛犬



〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

両足でがっちりボールをつかむデニス