見習訓練士募集! の瀬戸際にある本気咬みの犬を救える訓練士を目指す方を募集しています!!

基本理念


咬癖犬(本気咬み)訓練のエキスパート
愛犬救命訓練士“中村先生”はこんな人    




《所長》  
中村先生と熊五郎
 中村信哉
 1970年生まれ
 
《経歴》     

 ・1989年栃木県立石橋高等学校を卒業と同時に栃木県警察犬訓練所
  に入所、 池上行雄氏に師事。
 ・5年半の修行の後、独立開業。 「犬の学校・北栃木愛犬警察犬訓練所」
  を設立。
 ・栃木県北の矢板市で1年半、西那須野町(現:那須塩原市)で2 年間出
  張訓練を中心に活動を続ける。
 ・平成9年末に大田原市羽田に訓練所を構え現在に至る。
 ・平成25年9月より"愛犬救命訓練士”の呼称を使い始める

 ・平成25年12月1日より"北栃木愛犬救命訓練所”と名称を変更

《保持資格》    

 ユーモア五段
 空手初段
 書道七段
 英検三級


 
いわゆるプロの訓練士と言われる方々でさえ取り扱えない“本気咬みの
  わんこ”を訓練できる腕を持っています。

  そういう方々とは一線を画す意味合いで所持資格の記載はいたしておりません。

  

ちょっとガッツのある秋田犬と中村先生《取り扱ってきた頭数》    

 見習時代  121頭
 独立後 1,004頭(しつけ教室404頭を含む)
     (そのうち本気咬みのわんこ取り扱い 193頭) 
 

 合計  1,125頭

《得意な犬種》

 グレートピレニーズ、セントバーナード、シベリアンハスキー、アイリッシュウル
 フハウンドなどの訓練の入りづらそうな犬種
 

《訓練モットー》

 オーナーさんに「先生に任せてよかった」と思ってもらえるような訓練を施すこと
 人に感動してもらえるような訓練を施すこと







《趣味・特技》    武術で鍛えた精神力が本気咬みの咬癖犬を救う

 空手/琉球古武術/日曜大工
 
《好きな歴史上の人物》

 宮本武蔵、織田信長

《尊敬する人》

 こよなく犬を愛せる人

《最近のうれしい出来事》

 我が家の愛犬デニスとカイがペットシーツの上で
 排泄ができるようになったこと

 
《最近の悲しい出来事》

 
東日本大震災で家が半壊したこと

《最近の悩み》

 日本に本気で咬むわんこを訓練できる訓練士がいないこと



《私の望み》

 日本の飼い主がもっともっと犬の扱い方が欧米並みに上手になって不幸な犬が少し
 でも減り、訓練所という存在がなくなること

《訓練士になった理由》
 
 高校生の時、ただのペットだったシェパードが訓練を施されて盲導犬になって盲目
 になった主人公を助けるという昼ドラを見て訓練の凄さを知ったため。でも盲導犬
 の訓練士になろうと思わなかったのが自分でも不思議
 
《仕事における短所》


 犬の将来を最優先に考えるので犬のためにならない考え方を持ったオーナーには手
 厳しい(いわゆる商売下手)。妻にはもう少し営業上手になってくれとよく言われる


《仕事における長所》

 粘り強い性格なのでかなり手強いワンちゃんたちにも対応できる




TOPページに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

HOME 基本理念 メッセージ 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ


TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp