絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜神出鬼没〜



先月4ヶ月間の訓練を終え一頭のM・ダックスが当訓練所
を卒業しました。典型的な分離不安症の子でオーナーさん
が仕事で出かけてしまい一人になるとキャンキャン吠えて
お隣のマンションの方から苦情が出たのではるばる東京か
ら当訓練所にやってきた子でした。

とても性格のよい子で一人になった時に吠えること以外は
特に問題のある子ではありませんでした。入所中もオーナ
ーさんが面会にきた日は夜中までキャンキャン吠えていま
した。それから何日かは他のワンちゃんのオーナーさんが
面会にくると自分のオーナーさんが来たと思いこみキャン
キャン吠える日が続きました。

月に1度の面会を繰り返すたびに徐々に落ち着くのが早く
なってきたので4ヶ月間の訓練で卒業を許可し、めでたく
お家に帰りました。ここまではよくある話。多くの訓練所
では卒業後のアフターケアがとてもいい加減。

訓練が終わっても自宅でのワンちゃんの行為に関しては電
話で「ああしてください」「こーしてください」「厳しくしてください」「練習に来てください」などの手抜き指導のところがほとんど。それができれば電話しませんって・・・できないからどうしたらいいんですか?って電話してくるのにね。

訓練したからすぐにお家に帰って生まれ変わったようにお利口に振る舞うワンちゃんなんてほとんどいません。訓練する前より扱いやすくなることは確かですがそれでも今ひとつしっくりこないのが現実です。だからこそ最後の仕上げで訓練士がオーナーさんの自宅まで出向きリアルタイムで指導してあげてワンちゃんをコントロールさせてオーナーさんにも自信をつけさせてあげなきゃいけないのにそれをしない訓練士がとにかく多い。ここが“訓練士の命令は聞くけど飼い主の命令は聞かない、訓練に出しても変わらない”などと言われる原因。挙げ句の果てには昨日今日騒がれ始めた何とか式トレーニングがもっとも正しいしつけの仕方だと唱えるトレーナーたちにダメ出しをされてしまうのです。

さてここからが中村先生の違うところ。卒業して自宅に戻ってから2日間はとてもお利口さんだったそうなのですが3日目に訓練前と同じように出かけた後にキャンキャン吠え始まったそうです。それもそのはず訓練が終わったからと言って以前の記憶がなくなるわけではないので訓練前と同じ行動を繰り返すことは当たり前のことなのです。ここで放っておくかきっちり対処するかで大きく分かれるのです。しかしこの行動は私の予想どうりの行動なのでちっとも驚きませんので次の日東京まで新幹線でひとっ飛び。えっ東京まで?栃木から?
そうなのです。中村先生は必要とあらば東京だろうと千葉だろうと行くのです。

マンションの下で待ちかまえオーナーさんにいつものように出かけてもったその10分後、予定通りキャンキャン始まりました。すかさず合い鍵を使いオーナーさんの友人と一緒に室内へ突入し”おしりペンペン”。「えっ?なんで?ここにいるの?」犬が驚くこと驚くこと。そりゃそうですよね。怒られるはずがないと思ってはりきって吠えていたら入ってくるのは何と中村先生じゃありませんか。オーナーさんも叱り方の強さやタイミングがわかったらしく納得の様子。ついにその子も観念しその日以来オーナーさんの外出後は静かにお留守番するようになりました



絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp