絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜今と変わらず〜



これはもうかれこれ16年くらい前のお話です。
犬種は何だったかちょっと覚えていないのですが
、問い合わせの内容は「うちの犬は気に入らない
事があると歯をむいて威嚇するんです。ちょっと
手に負えないので訓練に出そうかと思っているん
ですが・・・」と、まぁよくある話ですが話の内
容から訓練すれば何とかなるかもしれないという
ことは伝え、訓練の内容と費用、期間などを説明
し電話は終わりました。

それから半年くらいしてからだったでしょうか。
「パグを飼ってるんですが生後半年になるので訓
練に出そうかと思ってるんですが・・・」そんな
内容の電話でした。聞き覚えのある声だったので
「もしかして以前お電話いただいた方ではないで
すか?例のワンちゃんはどうですか?」と質問し
たところ、「手に負えないんで処分しました。」
なんともあっさりした返事が返ってきました。


なぜ処分する前に訓練に出してくれなかったの?

私はやり場のない感情を抱きました。飼い主さんから見て手に負えないワンちゃんでも訓練することによって扱いやすくなるケースは多いのです。これも9年くらい前の話ですが保健所に出すか訓練所に出すかもう選択肢は2つしかないと切羽詰ってやってきた飼い主さんも「あーあの時先生に電話して本当に良かった。もし自分らで判断していたらこの子は処分されていたんだもんね。」と喜ばれたこともあります。あの時は訓練士になって本当に良かったと思いました。

確かに唸ったり咬みついたりするワンちゃんは矯正するのに時間もかかるし費用もかかります。訓練する側も心してかからないと痛い目にあいます。しかしそういうワンちゃんでもけっして好きでそんなワンちゃんに生まれたわけではありません。飼い主の飼い方が悪かったのか、遺伝的にそういうものを持ち合わせていたのか今となっては知る術もありませんが、せめてもう少しワンちゃんの生きる道を真剣になって探して欲しかった。


「申し訳ありません。よそへ行ってもらえますか。」

電話が壊れるんじゃないかと思うくらい受話器をたたきつけ電話を切りました(本当に壊れました。)
訓練すればお利口になったかも知れないワンちゃんを処分し、新しい犬を飼ったから訓練して欲しいと頼まれても「はい、わかりました」と答えられるほど商売っ気はない26歳の血気盛んなころの話です。まあ今同じ電話がかかってきても同じように答えるでしょうけど・・・


絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp