絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 〜危機管理2〜



犬を飼うときに誰しも“いい子に巡り会いたい”と思う。
犬を飼う目的も様々である。番犬として、自分の運動のお
供として、子供が欲しいと言ったから、子供が拾ってきた
から、だた何となくかわいいと思ったから、その犬種の魅
力に取り憑かれたからetc、とにかく様々である。

大切なのは飼いたいと思った犬種がどういう長所を持ち、
どういう短所を持っているのかということを可能な限り把
握することである。この“よく把握する”をできていない
で犬を飼い始める人が非常に多いということが最近目立ち
始めている。

“吠えることを目的として作られた犬種”“咬みつくこと
を目的として作られた犬種”“気性の激しさを売りにして
いる犬種”など犬種によって作られた目的が違う。その目
的を果たすための能力・性格や性能が一般家庭にとっては
まったく必要のない能力もある。住宅地にあっては“吠え
る犬種”は困ったものである。老夫婦が飼うのに“気性が
激しく咬みつくことを目的として作られた犬種”は困ったものである。

一般の人は飼いやすい犬種を選ぶべきである。ところが選択時点でまったくそれを考えない人がとにかく多い。

「えっ!!この犬種って吠える子が多いんですか?」「えっ!!この犬種って気性が激しいんですか?」

とにかく見た目重視で飼う人が非常に多い。「かわいいから・・」「おもしろいから・・」「かっこいいから・・」

吠える犬種を飼っておいて“吠えないで欲しい”は頭を抱えてしまう。

犬曰く:「それだったら他の犬種を飼ってくれよ!!吠えるのがオレの長所だぜ」
     「咬むのがオレの得意技だぜ。そのオレに咬むなってか!?」

なんて思ってるかも・・・


可能な限り情報を収集しても、いざ飼ってみると様々な問題やトラブルが起こる。生き物だから思い通りにいかないのは当然である。
しかし何の準備もしないで飼うというのは犬に対して失礼である。当の本人(?)たちはどう思っているのかは知る由しもありませんがとにかくそう思うのである。

もう少し犬を飼うということに対して“真剣”になってもいいのではないだろうか。

「たかが犬じゃないか・・・」そういう人もいる。
「されど犬である。生き物なのである。」


“危機管理”できてますか?



総論
犬は飼い主を選べない。だからこそ少しでもお互い出会って良かった。そう思えるように危機管理しようじゃありませんか。


絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp