絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 〜飼育放棄〜



年明け早々シビアな話をしたいと思います。

当訓練所でも心ない飼い主によって犬を置き去りにされ
ることがある。「仕事が忙しいので面倒が見られない」
「先住犬とケンカをしてどうしようもない。あんたのと
ころで買ったんだからから引き取ってくれ」、ひどい人
だと訓練に出すふりをして失踪してしまう。

まるで子供が親の許しも得ないで仔犬を拾ってきて、
「僕が面倒見る!」と言っておきながらいつの間にか
親が面倒を見る羽目になっているよう感じである。




「子供じゃないんだから計画性を持とうね」と、いつも喉元まででかかるが言わないできました。

でも今回はそういう無責任で計画性のない人間がいるということを少しでも多くの人に知ってもらいたくキーボードを打っています。

「先住犬とケンカをしてどうしようもない。あんたのところで買ったんだからから引き取ってくれ」と言った方の例をとってみましょう。
購入時に同性同士の場合ケンカをする恐れもあると言うことは告げてありました。それでも「大丈夫大丈夫」とか言ってオス・メス1頭ずつ購入していきました。訓練も施し、お利口になったのですがある日電話がかかってきて前述の言葉です。「先住犬とケンカをしてどうしようもない。あんたのところで買ったんだからから引き取ってくれ。本来ならお金も欲しいんだけど・・・」

「引き取れって言う上にお金まで取る気?」

あきれた私は何も言う気力も失せ、可哀想なわんこを迎えに行きました。
その子の今後に一切口を出さないという誓約書を書かせたあと、更に驚愕の一言!!

「こっちの犬はあんまり愛情がないから・・・・」

「ケンカをするなら犬舎を別々にすればいいだけだし、散歩も別々に行けばいいだけのことだろう・・・」と.。病気になってしまって世話を見る人間が誰もいなくなってしまったので泣く泣く手放すとかいうのなら解らないでもありませんが「先住犬とケンカをするから、愛情がないから引き取ってくれ」はないだろう。なぜその状況を打破する手段を探さないのだろう。なぜ手放すときに涙の一粒も流さないのだろう。この時ほどむなしかった送迎はありませんでした。

世話を見るのが面倒になったから手放してしまおうという人間があとを絶ちません。何ででしょう?首を何度かしげてもその答えが見つかりません。きっと答えは永遠に見つからないのかも・・・

総論

人生何が起こるか分からないから已むを得ず手放さなければならないこともあるでしょう。でもちょっと待ってください。「本当に已むを得ない状況なのですか?」
誰か犬の好きな人間に任せてしまえばいいさ・・・なんて思っていませんか?もっともっと犬と別れることを苦しんで苦しんで苦しみ抜いてください。


絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp