絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜我らの存在意義〜



先日非常にせっぱ詰まったメールが届き名古屋までひと
っ走りしてきました。

これはあくまでも緊急事態のケースで通常これほどの距
離を動くことはありませんが今回はちょっと行って参り
ました。なぜ私が早急に動いたかと申しますと一言で言
えば動かずにはいられなかったというのが正直なところ
です。

さてなぜ私が動かずにいられなかったかというともちろ
ん遠く離れた私を頼ってくれたこともありますし、ワン
ちゃんの世話をすることが不可能に近い状態にまで陥っ
ているという状況、そしてもう一つはその方が関わられ
たトレーナーたちのふがいなさ、無責任さに腹が立った
というのが本音です。ワラにもすがる思いで触れたこと
なのですが前回のケースは福岡や広島のお話です。今回
は愛知でのお話です

その方も咬みつくワンちゃんに困って何件かの訓練所に
相談したところ「4歳?咬みつく?無理!」とすべて門前払いを喰らったそうです。途方に暮れているわけにもいかずネットで検索して当訓練所のHPに辿り着き、相談だけでも・・と思いメールをくれたそうです。


その方もワンちゃんが咬み始めた頃に「これではいけない」と思いしつけ教室に通ったそうです。そして通うたびに飼い主が悪いだの飼い方が悪いだの言われたそうです。結局6ヶ月間通っても“おすわり”だとか“ふせ”だとかどんな犬でも覚えることをやらされただけで肝心要の“咬みつき癖”の改善はされることはなかったそうです。

だいたいからして“咬みつき癖”はしつけ教室では改善されません。改善されるとしても極々軽度のものです。それをまるでそれが改善されるかのように唱い6ヶ月間も通わせること自体、詐欺に近いと思います。私は咬みつき癖のあるワンちゃんはしつけ教室では絶対に受けません。何とかしてあげたいのはやまやまなのですが咬みつき癖の矯正をオーナーさん自身に行わせるのはあまりにもリスクが大きすぎるからです。我々プロの訓練士だってそうやすやすと矯正できる問題ではありません。ですから先に述べたように「4歳?咬みつく?無理!」と断る訓練所がほとんどなのです。

咬みつき癖の矯正は時間との勝負です。一朝一夕に変えることは不可能で時間をかけて矯正していかないときちんと矯正することはできないのです。ですから私は咬みつき癖の矯正は“預託訓練のみ”でしか行っていません。そのかわり咬みつき癖でお預かりしたワンちゃんの実に78.8%が更正してオーナー様のもとへ戻っています。「なんだ100%じゃないのか」と言われると返す言葉もないのですが「4歳?咬みつく?無理!」とあっさり断る訓練所が大半の今日この頃、自分では頑張ってる方ではないかと自負しております。

さて今回のタイトル「我らの存在意義」ですが改めて訓練士の存在について考えてみました。しつけインストラクター、問題行動インストラクラー、警察犬訓練士、ドッグトレーナーなど様々な肩書きや名称で呼ばれる訓練士ですが私が常にこうあるべきだと意識しているのは「犬を救うことを最優先」とした訓練、指導ができる訓練士です。警察犬や競技会犬などの“できる犬”を対象とした訓練はプロとしてできて当たり前なのです。問題はオーナーさんがワンちゃんとうまく共存できるようにいかにサポートできるかどうかなのです。

とりわけ咬みつき癖の矯正などはオーナーさんには不可能です。一般の人は咬みつかれたら怖くて何もできません。それを飼い主がだらしないから、リーダーシップをとらないからと言うのはナンセンスです。それよりも咬みつく原因と対処法を細かく説明し、自分では無理なことを納得させオーナーさんのできない部分を訓練士が背負えばいいのです。そのために我々が存在しているのです。

近頃は“自分の犬は自分の手でしつけるべし”という風潮が蔓延しております。それはそれで結構なのですがどうやってもできない部分というものがあります。それをやれというのはあまりにも酷だしその難しさを知っている訓練士として無責任である。オーナーさんが出来ない部分を背負うのが我々の仕事である。理屈だけで犬が利口になるのなら最初から訓練士など存在しないのである。

PS:今回私のもとにやってきたワンちゃんの更正結果は半年後に報告したいと思っています。

総論

すべての責任を飼い主が背負う必要はありません。頑張ってもできなければ誰かの力を借りればよいのです。自暴自棄になって犬の命を絶ってしまう場合(安楽死のこと)もあるのですから・・・・


絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp