絶滅危惧種
中村信哉の苦悩 
〜それぞれの努力〜



昨年の10月にちょっと手強い子がやってきました。名前
はいくら(仮名)、まもなく3歳というシーズー犬でした
。なにがすごいかって?・・・・。何もかもです。

とにかく止まらないんです。1日の3/4は動いているん
じゃないかと思うほど動き回っているんです。しかも鼻を
ならしながら・・・・

私が事務所に入ればワンワンワンワンワン!! 人が来ればワンワンワンワンワン!!
ドアを閉めればワンワンワンワンワン!!車に乗せればワンワンワンワンワン!!
触ろうとすればこの世の終わりが来たかのような絶叫をあ
げ、触ればガブッ!!

一日を通していくら(仮名)の存在を感じない時はないほ
ど気になるんです。

当然訓練所に来てもこんな行動をする子ですからお家でも
すごいことは明らかでオーナー様が相談に訪れた時はかな
りまいった様子だったのを覚えてます。いろいろ話すうちに自分らの手では負えないということを悟ったらしくその日のうちに預けていかれました。そう・・・私といくら(仮名)の戦いの幕開けです。

前述したように朝から晩まで存在をアピールするいくら(仮名)、原因は持って生まれた興奮症にくわえ室内での放し飼いによる慢性的な自己主張の誇示とテリトリーの防衛行動です。一般的に催促して吠えたり鼻をならす犬は無視をするのが効果的といわれますが100年無視しても止まらないのは明らかだったのですがとりあえずムシムシ作戦の開始です。1週間後・・・・・変化なし、2週間後・・・・・変化なし、うーんやっぱりね。

作戦をリード作戦に変更!吠えたらキュッ、吠えたらキュッといくらの(仮名)の動きを封じること数百回。最初の2ヶ月間は朝から晩までいくら(仮名)づくしでした。2ヶ月を過ぎた頃から日に日にいくらを気にすることが少なくなり無駄吠えと感じる吠え方はほとんどと言っていいほどなくなりました。

仕事帰りに時々寄っていくさすけ(ゴールデン)のオーナーも最初のいくら(仮名)を知っているだけに「随分静かになりましたね」と驚いた様子。第三者から見ても明らかに変化したことがわかるくらいに静かになったことに私も一安心。あとは時間の経過によるぶりかえしやむらっ気をよく観察しながら適切な復習を重ねれば大丈夫と判断しようやく出口が見えてきました。

最初の状況が状況だっただけに私は6ヶ月以上の預託期間と1ヶ月の出張訓練が必要だろうと読んでいたのですが思いのほか早く卒業できそうだとオーナー様につげると安堵の様子でした。その後4ヶ月目に多少のぶりかえしやむらっ気はあったもののひどいものではなくすぐに落ち着き5ヶ月間の訓練は終了し、めでたくお家に帰り出張訓練に切り替えて今度は今まで好き勝手をしてきたお家でオーナー様と共にトレーニングです。

お家に帰ってからは今までのような放し飼いはやめてもらいサークル飼いに改めてもらって、いくら(仮名)のテリトリーは縮小しもらいました。当然帰った初日は今まで自由にしてきたお家に帰ってきたので「出せー出せー」となきまくり騒ぐこと騒ぐこと。

そこでいくら(仮名)が騒いだ時の対処法、つまり止め方をオーナーさんに見てもらうべく私の出番です。私がいることも忘れたように騒ぎまくっているいくら(仮名)のもとへ素早く行き「やめ、待て」と制止。命令だけで従わないことは予想してたのであらかじめ用意しておいた新聞紙をまるめたおしおき棒でスパーン!!

実際にいくら(仮名)を叱る強さを目の当たりにしてここまでやらなければ静かにはさせられないんだとオーナーさんも覚悟を決めたらしく次に騒いだ時には一生懸命いくら(仮名)を叱ってくれました。やはり普通の人は犬を叩くというのは抵抗があるものです。かくいう私もこの世界に入った当初は犬を叩くことはできませんでした。しかしそれをやらなけらば理解しない犬もいるのだいうことを嫌というほど味わい心を鬼にして犬を叱ったものです。

こうしてオーナーさん、いくら(仮名)、それと小生の努力が報われ、ようやくオーナーさんの家に平和が訪れました。


総論
悪癖がついたワンちゃんのしつけや訓練は簡単なものではありません。誰が一番つらいかと言えば間違いなく“ワンちゃん”です。そうならないために飼い主さんが正しい知識と強い心構えを持ちましょう。



絶滅危惧種:中村信哉は絶滅の危機に瀕しながらも今日も咬みつくわんこを見守る


〜慟哭〜 〜激怒〜 〜動物行動学〜 〜中庸〜 〜お試しかっ?〜 〜誰のための訓練?〜 

〜固定概念〜 〜凶暴性〜 〜社会化その1〜 〜訓練は一つ〜 〜戦う訓練士〜 

〜大衆迎合〜
 〜無題〜 〜無力〜 〜手前味噌〜 〜願望〜 〜覇気〜 〜千歳川〜

〜絶対量〜 〜告発〜 〜お便り〜 〜防災訓練〜 〜ああ小力〜 〜ガンチ登場〜 

〜木偶人形〜 〜苦しみの果てに〜 〜北の国から〜 〜至福のひととき〜 〜アンビリーバボー〜

〜プロフェッショナル〜 〜ユーモア〜 〜ファイト!〜 〜原点回帰〜 

〜愛犬救命訓練士誕生〜
 〜6オピニオン〜 〜11オピニオン〜 〜刃圏〜 〜無駄な10ヶ月〜

〜今と変わらず〜 〜愛のムチ〜 〜知っているだけで〜  〜そこまで言う?〜 〜ちょいテク〜

〜いいのかそれで日本人〜 〜選ばれなかった犬たち〜 〜神出鬼没〜 〜それぞれの思い〜 

〜ワラにもすがる思い〜 〜タブー〜 〜急がば回れ〜 〜我らの存在意義〜 〜飼育放棄〜 

〜ゆとり教育〜 〜なんでそーなるの?〜 〜危機管理〜 〜危機管理2〜 

〜三つ子の魂百まで〜 〜思い出す言葉〜 〜ご注意ください〜 〜大阪冬の陣〜 

〜ご注意ください その2〜 〜咬癖犬更正率86%

TOPに戻る

預託訓練専門

〜10年経っても戻らない本物の訓練がここにある〜 北栃木愛犬警察犬訓練所

困った飼い主さんの駆け込み寺

基本理念 メッセージ 代表者紹介 業務内容 飼育管理
訓練方法 費用と期間 ご愛犬の担当 お問い合わせ サイトマップ
HOME

TEL:0287-23-7078  FAX:0287-23-7659
〒324-0002 
栃木県大田原市羽田153−7  案内図   メールアドレス:avdj@river.ocn.ne.jp